PostHeaderIcon 徹底活用術

June 26th, 2014 Author: theheartisanorganthatpumpblood.com
祈る女性

電報にはまだまだ知られていない便利な活用法があります。
電報と言えば、冠婚葬祭などで利用される方が多いと思いますが、うまく活用することで文字だけでは伝えきれなかった気持ちを伝えることができます。
ここではいくつかの例を紹介したいと思います。
結婚・出産などのお祝いの場面で活躍するのが、ギフト電報です。
ギフト電報とは、カタログの中からギフトを選び、文字を添えて送り、お祝いの気持ちを伝えます。
文字だけではなく、ギフトを添えて送ることでお祝いの気持ちを、ひと味違った形でお伝えることができます。
ギフトをもらった側もひと味違った嬉しさや喜びを味わえると思います。

また、葬儀・告別式などのお悔やみの場面で活躍するのが、線香電報です。
線香電報とは文字とともに線香を送り、お悔やみの気持ちを伝えます。
他にも、お盆やお彼岸のご進物や喪中はがきの返礼としてもお使いいただけます。
ご遺族の方には線香とともに故人を偲ぶ気持ちをお伝えすることができます。
ギフトや線香は種類が豊富なので、送る方に合わせたものを選んで送ることで、これまでとは違った形で気持ちを伝えられるはずです。
今まで知らなかった方も、知っていた方も冠婚葬祭の場面で、ギフトや線香をうまく活用していただきたいと思います。
そうすれば、今まで以上に気持ちが伝えられること間違いないと思います。
これから電報を利用する際は、このようなことを踏まえて利用していただければ今まで以上に気持ちが伝えられます。

PostHeaderIcon 人気の贈り物

June 26th, 2014 Author: theheartisanorganthatpumpblood.com
線香

電報は、通信網がまだ発達していなかった時代に緊急連絡手段としての役割を担っていたもので、現在は誕生日や卒業式など様々なシーンで相手を思いやる気持ちを表すギフトとしての役割を強めています。
お祝い電報というものもあり、結婚式や、出産、進学、就職、誕生日などの節目や記念などに送ることができ、ぬいぐるみやバルーン、プリザーブドフラワーなどと一緒に送ることのできるギフトつきのものもあります。
弔電とは、事情によりお通夜や葬儀に参加できない人が送る電報のことで、四十九日や一周忌・三回忌、お盆などにも送られる電報のことです。
従来は、台紙のみの弔電が主流でしたが、最近、線香がついた電報のギフトが話題になっています。
冠婚葬祭の小規模化が進む中で、お葬式は家族葬で執り行う家庭が増えてきており、故人と関係があった方との関係も希薄になり、喪中はがきによって御不幸を知る場合も多くなっています。

そのようなときに、年賀状を差し控えるだけでなく、故人への想いやご遺族へのお悔やみの気持ちを込めて、お線香つきの電報を送ることで、弔慰の意を示すことができます。
線香だけでなく、プリザーブドフラワー弔電を取り扱っている業者もあり、想いを伝えられると人気になっています。
料金は、プリントされたものは1000円~、刺繍されたものは7000円~、プリザーブドフラワーつきのものは5000円~、線香つきのものは4000円からで、上限は業者によって異なります。
心を込めたギフトとして大変喜ばれるようです。

親しい間柄の人に突然の訃報があったときに自分が遠距離にいる場合、お通夜やご葬儀には残念ながら参列できないため、せめてお悔みの電報だけでも送らなければならないというケースがあります。
しかし、ここで送るのが普通の電報だけでは、故人を悼む気持ちが十分にご遺族に伝わらないかもしれないという心配がある人のために、電報とセットでギフトとしてお線香を送ることが可能です。
そのお線香にも漢方薬を配合したものや沈香など、普通のお線香よりも高級なものをお送りすることで気持ちを伝えるという手段もありますし、お線香そのものだけでなく入れるための桐箱や塗箱を品の良いものにするという方法もあります。

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930